業績向上を目指す美容室のオーナー様のサポートします!

会社案内

  • HOME »
  • 会社案内

はじめに

furukawa-1代表取締役 古川敦義
昭和37年1月4日生まれ。
平成9年代表取締役就任。
今年は、燕さくらマラソン、
白根ハーフマラソン、
関川ハーフマラソンを完走。

改元によって「令和」となり、新しい時代が始まりました。世の中も、美容界
も変わり、どんどん新しい展開が始まり、これからも、もっともっと変わって
いく事になるのでしょう。
弊社は、京都嵐山出身の野田太三郎により、昭和21年に髪結い道具の担ぎ屋
十六屋野田商店として創業され、昭和41年7月1日に株式会社野田美容商事
として法人化されました。平成4年に現在の地に本社を移し、同時に株式会社
野田と社名変更し、二度の水害被害を乗り越え、平成24年に新潟店を移転、
時代と共に変化しながら、美容室の繁栄に貢献し続け、創業73年、法人化し
53年となりました。そして令和元年、株式会社NODAに社名表示変更いたし
ました。

小規模で労働集約、その生産性の低さによって生じる経営難を脱却する方法と
して昨今の美容業界は、社員の福利厚生や社会保障の負担を追わない業務委託
型やシェアサロン式の店舗、専業絞込みの効率最優先ヘアカラー専門店等が増
えています。美容室で働く意味、意義、やりがい、幸せとは何か考えさせられ
ます。
現在の様に変化する美容界の中にあっても、私たちは互いに支え合い、協力し
合う人間関係を大切に、働く環境の改善や雇用の長期継続を目指しながら、共
に成長していく事を「幸せ」と考え、同様の考えを持っている多くの美容室と
共に歩んでいく選択をしています。
但し、それを実現するには、小規模労働集約の改善、自社の成長、組織化し、
生産性の向上、そして将来のビジョンをしっかり描いて行く事が必要です。
私たちはそれを実現する為に、美容室の業績向上を支える会社になる事を決め、
美容室経営の近代化を創業の理念に掲げるコタ㈱の考え方に共鳴し、美容室の
業績向上の具体的な取り組みをする「旬報店システム」を開始しました。これ
が、着実な成長と安定経営を支える礎になると考え、取り組み続けています。
ただ、人口減少の問題、過当競争下にある市場においては、集客の難しさや消
費傾向の変化によって、業績向上は容易ではなくなりました。がむしゃらに頑
張るだけでも、逆にデータ分析しているだけでも、達成出来るものではありま
せん。
私たちは、パートナーである美容室と真剣に向き合い、何の為に働いているの
か?どう成りたいか?どう在りたいか?どう生きていくのか問い掛け、人と人
との関係を強固にしながら、目標到達を目指します。だから、オーナーの「熱
意」、何の為の「理念」、みんなで見る「ビジョン」、どう辿り着くかの「方
針と計画」が必要です。その上で、働くみんなの生き様が重なり、進んでいき
ます。
私たちは、美容室の業績向上を通じて、美容室経営の近代化と美容人として、
素敵な人生の実現を目指して参ります。

 

経営理念

一人ひとりの
美しい人生の実現を目指して
私たちは美容室の繁栄を追い続けます

会社概要

社名 株式会社NODA
資本金 1,000万円
事業内容 美容室の繁栄に貢献すること
所在地 ■本社
〒955-0852 新潟県三条市南四日町4-12-20
電話:0256-32-0974
FAX:0256-34-0620
■新潟店
〒950-0950 新潟市中央区鳥屋野南2-20-13
電話:025-288-6155
FAX:025-288-5424

会社沿革

昭和21年 十六屋野田商店開業 創業 野田太三郎
昭和41年 (株)野田美容商事設立 代表 古川広永
昭和42年 三条市条南町に移転
昭和53年 新潟営業所開設 所長 原 文夫(専務取締役)
昭和62年 代表 相田秀男就任
平成 4年 現在地に社屋移転、社名変更
平成 9年 代表 古川敦義就任
平成20年 旬報店会発足
平成28年 旬報店有志会発足

アクセスマップ

三条本社

新潟店

PAGETOP